2017/03/15: 調布市散歩;木瓜爺撮歩96-58-2 布多天神社〔2〕 (No.2985)

本殿の方に進みましょう。狛犬があり、天神様らしく牛も座っています。この無精な牛こそ、太宰府天神の場所を決めた牛なのです。道真の遺体を運ぶ途中で座り込んでしまったヤツです。m96-58-20 F7562

 

この狛犬は調布市の「民俗資料」に入っています。寛政八年の建立で、調布市としては、一番古いものだと書かれています。m96-58-23 F7565

 

m96-58-24 F7568 狛犬左

m96-58-25 F7570

 

本殿に関する説明板もありました。m96-58-21 F7563

 

「新編武蔵風土記稿」には、長文の記述があります。全部書くのは骨がおれるなあ・・適当に中略を入れて行きます。

『(上布田宿)布多天神社 社地除 六段九畝二十歩 上宿の北裏にあり 此神社は当郡の古社にて 延喜式神名帳に多摩郡布多天神社あり 相傳ふ祭神少彦名命なりと 古は村内今の古天神と云へる所にありしに 文明の頃多摩川関崩るによりて 今の地へ遷せり 其のとき初て菅神の像を配祀す 故に今の神体は菅神の木像にて長一尺許なり 縁起ありて承応二年の撰述のよしをいへど 記す処妄誕にして その頃のものともみえず 但其の中調布の濫觴をいへることみえたり 是又さだかなりがたき説といへども 姑く其略をつんでここにのすと云 桓武天皇延暦十八年 木綿の実始めて渡りしなれど いまだ布に製することをしらず 其時多摩川邊に菅家の所縁にて 近国に名を顕はせし広福長者といへるものあり 天神の社へ七昼夜参籠して 不思議に神の告を蒙り 布を製するの術を得て 多摩川にさらして これをととのへて奉りぬ 是乃本朝木綿の初なりとかや 帝御感浅からず 即ち其布を調布とのたまへり それより此邊武州調布の里といへり 後に広福長者の末孫菅原を修して 原永法となのり この処にありしに 後菅神の肖像を造立して 布多天神に配祀せり (中略) 社地の外免田三段一畝九歩 免畑一段二十三歩あり 当社は上下布田 小島分 国領 上給 矢ヶ崎等の村々鎮守にて 例祭年々九月二十五日。その外名月二十五日月並の祭礼あり 本社二間に四間 拝殿四間に二間 石の鳥居あり 鳥居の西邊に制札をたてり これは太閤秀吉のあたへしものにて 其文左のごとし(中略)
末社 金比羅社、本社の西にあり  稲荷社、金比羅社の傍にあり』

この最後の方に書かれた「太閤の制札」も文化財です。m96-58-22 F7564

 

ここに、昨日書いた「補陀鄕」が出て来ましたね。次は建物のことです。m96-58-21 F7563

m96-58-26 F7572

この牛さんは「御大典記念」とあります。平成二年となっていますので、今上天皇即位の時ですね。社殿の前に来ました。拝礼します。m96-58-27 F7577

 

m96-58-28 F7591後部覆殿先ほどの「新編武蔵風土記稿」によりますと、やはり当初は「少彦名命」が祭神で、もっと多摩川に近い所にあったけれど、川の氾濫でこちらに遷座し、その時「菅原道真」が追加して祀られたという事です。そして、この辺りの村々の総鎮守になったようです。だいぶ、すっきりしてきました。拝殿の後部は長く伸びており、後ろに神殿があります。あの辺りに御神体が納められているのでしょう。

末社を確認しましょう。鳥居付きの社殿と、その右に長屋?があります。鳥居付きのほうは「提灯」が掛かっています。「金毘羅神社」と「大鳥神社」の連名です。金毘羅神社は、「新編武蔵風土記稿」の頃からあった末社ですね。m96-58-29 F7579

写真は省略しましたが、こちらの小形の狛犬もなかなかのものです。長屋のほうは、左m96-58-31 F7587から「御嶽神社」「祓戸神社」「疱瘡神社」です。小祠が並べてありました。「御嶽神社」は多分「武蔵御嶽神社」でしょう。「祓戸神社」というのは、「お祓い」の専門社で、本社はどこになるのか? 神主さんの養成所あたりに有るのかなあ?「疱瘡神社」は天然痘を流行らせる悪神封じの神社で、本社はありません。民間信仰です。m96-58-32 F7589

これは、正体不明ですが、地主さん的な神社のように見えますね。でなければ、横に消火栓があるから、火災からの守護神社。などと思っていましたら、これが「厳島神社」なのだそうです。社務所も立派です。神楽殿も違う方向から見ますと貫禄がありましたm96-58-33 F7590 神楽殿

境内に置かれたおみくじを眺めてから、m96-58-35 F7594

神社の横の方に出て行きます。思いがけないものを見つけたのです。

広告
カテゴリー: 寺社, 散歩写真 パーマリンク

2017/03/15: 調布市散歩;木瓜爺撮歩96-58-2 布多天神社〔2〕 (No.2985) への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2017/03/15: 調布市散歩;木瓜爺撮歩96-58-2 布多天神社〔2〕 (No.2985) 入口 | 木瓜爺ブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中